スマホ節約術「PCやめれば月5000円通信料減る」と専門家

スマホ節約術「PCやめれば月5000円通信料減る」と専門家

女性セブン2012年7月19日号の記事で、「PCやめれば月5000円通信料減る」と専門家の方が仰っています。

以下は女性セブン2012年7月19日号の記事から一部転載したものです。

スポンサーリンク

「スマホはパソコン代わりになります。サイト閲覧やメールのやりとり程度ならスマホで充分。思い切って自宅のパソコンをやめれば、月5000円ほどのネット通信料を節約することもできます」(ファイナンシャル・プランナーの花輪陽子さん)

実際、この1年間でパソコンの世帯普及率は83%から77%に減少。背景には、スマホの流行があるといわれている。

私も妻もスマホを持っていないのでスマホの良さはわかりませんが、スマホがパソコンの代わりになると、インターネットの通信費を払わなくても良いということですね。月5,000円程度のインターネット代を節約できるのは大きいと思います。

ただ、あくまでもスマホがパソコンの代わりになったらという話です。スマホがパソコンの代わりになるのか考えてみたいと思います。

サイト閲覧やメールのやりとり程度なら…

「サイト閲覧やメールのやりとり程度なら…」と言われていますが、実際にサイト閲覧やメールのやりとりだけを目的としてパソコンを使っている人は少ないのではないでしょうか。サイト閲覧やメールのやりとりだけならスマホじゃなくて普通の携帯でも出来ますから。

だから、パソコンを使用する人の目的はもっと他にあって、例えばYouTubeなどの動画を見たり、ブログの記事を更新したり、オンラインゲームを楽しんだり、仕事で使う書類を作成したりでしょうか。

YouTubeで動画やブログの更新はスマホで出来ない事もないけれど、パソコンのほうが画面が大きくて見やすい、効率が良いなどのメリットがありますし、3Dのオンラインゲーム等はパソコンでしか出来ないはずです。

仕事用の書類はパソコンを使って作成できますが、パソコンで書類を作成中に何か調べる事があった場合など、わざわざスマホで検索しなければいけません。

やはり、スマホをパソコンの代わりにするのは厳しいかなと思います。

パソコンを使用する目的が本当にサイト閲覧やメールのやりとりだけなら、自宅のパソコンをやめてスマホ、もしくは普通の携帯でも良いと思いますが、インターネット代の月5,000円程度を節約できるでしょう。

ただ、我が家ではパソコンのほうが使いやすいと思うので、スマホや携帯はパソコンが手元にない時、パソコンの電源を入れる必要もない時などに予備として使う程度がベストではないかと思います。

ちなみに、私の携帯はアクセス制限サービスでWeb制限しているので、Webサイトの閲覧などは一切できませんけどね。

スマホかPCか?

もし、私がスマホを持っていたとして、今回のように「PCやめれば月5000円通信料減る」と言われれば、間違いなくスマホのほうをやめると言うでしょう。

スマホのパケット代定額料金もインターネット代も月に約5,000円ほどなので、金額的に差はありませんが、インターネット回線は1回線でもルーターなどで複数のパソコンを同時に使用できます。

我が家では、私用のデスクトップPC、妻用にノートPCと使い分けて使用していますので、我が家では月に約5,000円のインターネット代でも2人分なので、スマホを1人1台持つよりもお得ということになります。

スマホやPCの使い方は人それぞれですが、「スマホかPCか?」と比較するものではなく、先ほども言いましたが、スマホはパソコンの予備という位置付けで良いでしょう。

サブコンテンツ
スポンサーリンク

このページの先頭へ