プロパンガスと契約している方に朗報!プロパンガス料金は値下げ交渉ができるらしい

プロパンガスと契約している方に朗報!プロパンガス料金は値下げ交渉ができるらしい

都市ガスとLPガス(プロパンガス)の違い」でも言いましたが、都市ガスよりもLPガス(プロパンガス)のほうが料金が高いです。プロパンガスと契約されている方で毎月のガス代が高いと思っている人も多いのではないでしょうか?

「NEWS ポストセブン」の記事で、プロパンガス料金は値下げ交渉ができるという記事を発見しました。プロパンガスと契約している我が家にとっても嬉しいニュースです。

スポンサーリンク

以下は「NEWS ポストセブン」の記事から一部転載したものです。

プロパンガスは都市ガスや電気などと異なり、ガソリンや灯油などと同じ自由料金。そうとは知らずに業者にいわれるがままに契約している人がほとんどです。しかも長らく価格競争が行なわれてこなかったために、業界は高値安定で合意形成し、店頭やホームページに料金情報を公開することはほとんどなく、不透明な状況が続いてきました。

だから都市ガスよりも3割程度高いといわれるうえ、消費者が支払う料金は輸入価格の8倍にもなっています。「円高」が続いているため、本来なら値下げされて然るべきなのですが、そうならないのは、プロパンガスの原価構成が輸入価格1割、元売り1割、卸売り2割、そして残る6割を小売がとっているためといわれています。

石油製品の価格調査を行なう石油情報センターによれば、全国平均は1立方メートルあたり500円を超えますが、消費者保護の観点からプロパンガスの適正価格の維持を訴える「プロパンガス料金適正化協会(http://www.propane-gas.or.jp/)」では戸建てで330~360円、マンションなどで350~380円が販売店側と消費者側が歩み寄れる「適正価格」としています。

そこでプロパンガスを利用している人は、まず請求書や領収書を確認して基本料金と従量料金を確認し、販売店に問い合わせてみる。それでも納得いかなければ協会に連絡をして、値下げ交渉のアドバイスをもらうことができます。

実はプロパンガスというのは取引先の変更なども可能ですから、一方的に打ち切られる心配などせず、落ち着いた態度で臨むことが重要です。そうすれば一般的な家族世帯なら、月2000~5000円の節約につながるので、電気料金値上げもカバーして余りあるほどです。よりガスの利用が増える寒くなる前だからこそ、やってみる価値は十分にあると思います。

確かに、ガス代の請求書に記載されている会社名で検索しても、料金どころかホームページもありませんでした。また、「業者にいわれるがままに契約」という部分もあったと思います。

プロパンガスは自由料金なのですが、ついガス代は公共料金だと勘違いしてしまいます。

プロパンガス料金適正化協会では、目安として関東の戸建のプロパンガス適正価格料金表を以下のようにしています。

使用量 基本料金 従量単価 従量料金 消費税 合計請求額
5m³ 1,500円 330円 1,650円 158円 3,308円
10m³ 1,500円 330円 3,300円 240円 5,040円
15m³ 1,500円 330円 4,950円 323円 6,773円
20m³ 1,500円 330円 6,600円 405円 8,505円
25m³ 1,500円 330円 8,250円 488円 10,238円
30m³ 1,500円 330円 9,900円 570円 11,970円
35m³ 1,500円 330円 11,550円 653円 13,703円
40m³ 1,500円 330円 13,200円 735円 15,435円
45m³ 1,500円 330円 14,850円 815円 17,165円

関東以外では若干高くなる可能性がある、山間部では適用されない場合があるとされていますが、目安としては十分です。これほどまでは安くならないとしても、値下げ交渉をした結果、少しでも安くなれば大成功と言えるでしょう。

ただ、注意点が1つ。

これは、基本的に自己所有の戸建にお住まいの方を対象に値下げ交渉ができるという事なので、賃貸の集合住宅にお住まいの方は、大家さん・オーナーさんにも相談しなくてはいけないので簡単には値下げできないと思います。

我が家も賃貸の集合住宅なので難しいとは思いますが、大家さんを通じて値引き交渉してみたいと思います。値引きが出来た、出来なかったに関わらず、値引き交渉をした結果を近いうちにブログで報告します。

保険の見直しで保険料を節約!

定期的な保険の見直しは保険料の節約になります。我が家の場合、保険を見直したら月々の保険料が約6,000円も安くなりました。保険の内容によっては同じ保障でも保険料をもっと安くできる場合があるので定期的な保険の見直しはしたいですね。

ちなみに、我が家ではこちらの「Lifull保険相談」で保険の見直しをしました。自宅の近くや駅近で無料相談でき、保険のプロが複数社の保険をわかりやすく説明してくれるのでおすすめです。「Lifull保険相談」はこちら

サブコンテンツ
スポンサーリンク

このページの先頭へ