一人暮らし男女の平日夜ごはんを調査した結果、女性の外食費用は男性よりも高めに

一人暮らし男女の平日夜ごはんを調査した結果、女性の外食費用は男性よりも高めに

一人暮らしだと、平日働いた後に帰宅してから自炊するのは大変で、外食で済ませてから帰宅するという方も多いのではないでしょうか。

「MONEYzine」によると、一人暮らしをしている独身の男女を対象に平日の夜ごはんを調査した結果、男性よりも女性のほうが外食費用が高いらしいので、女性の方は外食費用を節約したいです。

スポンサーリンク

以下は「MONEYzine」の記事から一部転載したものです。

株式会社クロス・マーケティングは、首都圏(1都3県)に在住している20~39歳の、未婚で一人暮らし、フルタイム勤務のビジネスパーソン男女800人に対し、「一人暮らしのビジネスパーソンの夕食」に関する調査を実施した。

今回の調査では、未婚でフルタイム勤務のビジネスパーソンは、忙しい平日の夕食をどのようにとっているのか、外食・中食・内食、それぞれの1食あたりのコストや満足度などについて、実態を明らかにするのが狙い。

平日の夕食では、男性は「外食」と、調理された食品や惣菜を購入して持ち帰り、家庭の食卓で食べる「中食」を合わせた「できあい派」が50.8%、女性は「自炊派」の59.3%が多数派を占めた。

1回の外食にかける費用は、男性が1,056円、女性が1,704円となっており、700円の差がついた。男性が外食時には手軽で安い店を選び1人で食べる傾向がある(74.9%)のに対し、女性は個食の割合が37.9%と低い。女性は誰かと一緒に自分が好きなものを食べられるファミリーレストランや居酒屋を選択する人が多いため、このような差が出たとみられる。

一方、「中食」では、1回あたりの費用は平均573円だった。利用する店は82.6%でスーパーが全体のトップ、続いてコンビニエンスストアが60.7%。デパ地下は女性の28.2%に対し男性が8.4%と、約20ポイントの差がついた。また、コンビニエンスストアで購入する商品を男女で比較したところ、「お弁当」「カップラーメン」は男性が女性よりも10ポイント以上高く、「サラダ」は女性の方が男性よりも10ポイント以上高かった。

さらに、コンビニエンスストアでついで買いする商品を男女で比較すると、男性は「ジュース」「ビール」「コーヒー」などの飲料を購入する割合が高く、女性は「お菓子」「デザート」「アイス」などのスイーツ系の割合が高かった。

外食ほど経費がかからないこともあり、近年注目を集める「中食」だが、女性は節約の中にもヘルシーさやスイーツなどのプラスアルファをしっかりと求めるようだ。

たしかに男性だと、1人でラーメン屋や吉野家で牛丼を食べているイメージがありますが、女性にはそういうイメージはありません。また、女性1人でも入りやすく安いお店というのもなかなか想像できないので当然といえば当然の結果なのかもしれません。

ただ、男性の外食費用1,056円でも高いと思いますが、女性だと1,704円を1回の外食で使っているという事に驚きました。スーパーで1,704円分の食品・食材を購入して自炊すると、何食分になるかなという計算をしてしまいます。

今月の平日は21日なので、平日は全て外食すると男性で22,176円、女性で35,784円にもなります。

これは1ヶ月のうち平日の夕食だけにかかる食費なので、平日の朝食・昼食、土日の朝食・昼食・夕食分の食費を足すと、1ヶ月にかかる食費はかなり高くなってしまいます。

たしかに、一人暮らしで平日働いた後に帰宅してから自炊するのは大変ですが、外食する日数を半分に減らすだけでも相当な金額を節約できるでしょう。

また、調理された食品を購入して持ち帰り、家庭で食べる「中食」に関しては、スーパーの利用者が82.6%で、コンビニが60.7%という結果。複数回答ということもあり、スーパーとコンビニを使い分けているという結果なのかもしれません。

平日、帰り道にあるコンビニでお弁当などを購入して、土日は自炊するためスーパーに買い物に行く。または、コンビニによって銀行ATMや公共料金の支払いなどもできるため、ついでにコンビニで買い物をしてしまうなどのケースもあるでしょう。

コンビニは店内も狭く、欲しい商品をすぐに探せる、レジに並ぶことも少ないなど、仕事帰りで疲れているからこそ利用したくなる便利なお店ですが、やはりコンビニでの買い物はかなり高いです。

外食よりも安い中食であっても、できる限りスーパーで買い物をしたいです。

外食費用は外食する回数を減らして節約したい、中食費用はできる限りスーパーを利用したい。と言っていますが、自炊が最も食費を節約できるのは言うまでもありません。

一人暮らしをしている独身の方で、平日の仕事帰りに外食、中食で夕食を済ませている事が多い方は、節約レシピを参考に自炊する回数を増やして、食費を節約してみては如何でしょうか。

保険の見直しで保険料を節約!

定期的な保険の見直しは保険料の節約になります。我が家の場合、保険を見直したら月々の保険料が約6,000円も安くなりました。保険の内容によっては同じ保障でも保険料をもっと安くできる場合があるので定期的な保険の見直しはしたいですね。

ちなみに、我が家ではこちらの「Lifull保険相談」で保険の見直しをしました。自宅の近くや駅近で無料相談でき、保険のプロが複数社の保険をわかりやすく説明してくれるのでおすすめです。「Lifull保険相談」はこちら

サブコンテンツ
スポンサーリンク

このページの先頭へ