洗濯機の電気代と水道代を節約する

洗濯機の電気代と水道代を節約する

洗濯機は、消費電力量が大きい家電というわけではありませんが、電気代と共に水道代が同時に必要となる家電です。

まずは、我が家の洗濯機にかかる電気代、水道代を計算してみました。

スポンサーリンク

我が家の洗濯機にかかる電気代と水道代

我が家の洗濯機は、2010年製で割と新しい洗濯機ですが、ドラム式ではなく、洗濯容量6kgの水槽式全自動洗濯機です。電気代は1kWhの電気代を約22円として、1回の洗濯に40分、毎日洗濯するとして1年間で243時間となります。

我が家の洗濯機にかかる電気代は、1時間あたり9.46円、1年間で約2,300円です。

続いて、我が家の洗濯機にかかる水道代の計算になりますが、メーカーのホームページによると、1回にかかる標準使用水量は約108Lとなっています。1リットルを0.2円(下水道使用料と消費税を含む)で計算すると、1回の洗濯で約21.6円の水道代です。

毎日洗濯するとして、1年間で7,884円の水道代となり、電気代と合わせた洗濯機にかかる年間の出費は、約10,184円となります。

1年間で約10,184円、1ヶ月で約848円。

この金額を見ると、電気代と水道代を足しても、それほど高いという印象はありません。ただ、洗濯機の電気代と水道代を節約できる余地は十分残っているので、我が家ではまだ安いと思います。

我が家の洗濯機の使用頻度

先ほどの1年間で約10,184円というのは、毎日使ったとしての合計ですが、我が家で洗濯機を使うのは、2日に1回ペースが基本となっています。私と妻、2歳の娘だけなので、それほど洗濯物が溜まらないからです。

たまに、布団シーツや枕カバーなどで洗濯物の量が増え、2日連続で洗濯することもありますが、基本的には2日に1回です。

洗濯頻度を毎日から2日に1回にするだけで、年間約10,184円が半額になり、年間約5,092円の節約になります。これだけでも十分節約した感じはありますね。

では、「3日に1回ペースにしたら更に節約になるのでは?」

このように思われるかもしれませんが、洗濯物を溜め込みすぎて、洗濯機に詰め込みすぎると汚れが落ちにくくなるため、洗濯物の量は洗濯機の容量の80%程度が望ましいとされています。

私が一人暮らしをしていた時は3日に1回ペースでしたが、今は2日に1回ペースで70%程度の洗濯物が溜まるので丁度良いペースだと言えます。

一人暮らしの方でしたら、3日に1回ペースで良いのではないでしょうか。

コースを使い分ける

一般的な洗濯機には、標準コース、手洗いコース、ドライコース、スピードコース(おいそぎコース)など、いくつかのコースがあります。

各コースの違いによって、水量、洗い時間、すすぎ時間と回数、脱水時間が変わります。また、すすぎ方法に関しても「ためすすぎ」、「注水すすぎ」、「シャワーすすぎ」など様々。

我が家の洗濯機では、基本的にはスピードコースで、汚れがひどい場合に標準コースで洗うようにしています。スピードコースは標準コースに比べ、洗濯時間を約10分短縮できます。その分、洗濯機にかかる電気代を節約できるというわけです。

ただ、洗濯機によっては、すすぎ方法を選べないものもあり、スピードコースにすると注水すすぎになってしまう場合があります。

我が家の洗濯機では、注水すすぎはためすすぎに比べ、すすぎ1回につき約30L多く水を使用してしまいます。

洗濯時間を約10分短縮することで約1.6円の電気代を節約できますが、スピードコースで注水すすぎになってしまい、余分に約30Lの水が必要になるのなら、水道代が約6円も高くなってしまうので、結果的に約4.4円高くなってしまいます。

スピードコースで確実に電気代は安くなりますが、すすぎ方法で水道代のほうが高くなるのでは困りますね。

洗濯機の電気代を節約できるコースは、「スピードコース」だけど、同時にすすぎ方法が「ためすすぎ」でなければいけないということです。「スピードコース」と「ためすすぎ」が合わさって、電気代と水道代の両方を節約することができます。

お風呂の残り湯を使う

我が家では、「洗い」と「すすぎ1」にお風呂の残り湯、「すすぎ2」に水道水を使っているので、お風呂の残り湯を洗濯に使う事に抵抗はありません。

お風呂の残り湯を使う

我が家の洗濯機は、「洗い」と「すすぎ1」にお風呂の残り湯を使うことで、1回の洗濯につき約61Lの節水ができます。

2日に1回ペースで洗濯するとして、1年間で183回、11,163Lを節水できます。

金額にすると1年間で約2,232円の節約になります。

我が家の洗濯機にはバスポンプ(給水ポンプ)が付いていないので、別売りのバスポンプを購入して使用していますが、2日に1回ペースだと、ちょうど1年で元が取れる計算になります。

それと、「バスポンプにかかる電気代はどうなのか?」と少し疑問に思いましたが、1回の使用時間も5分程度で消費電力も14Wなので1円未満です。バスポンプにかかる電気代は気にするほどでもありませんね。

我が家の節約の効果

節約を意識せずに、我が家の洗濯機を毎日1回使ったとして、電気代と水道代を合わせても洗濯機にかかる金額は年間約10,184円です。

そこから、洗濯機の使用頻度を2日に1回に、つまり「まとめ洗い」にすることで、洗濯機にかかる金額は半額の約5,092円になり、「スピードコース」で約293円の節約、「お風呂の残り湯」で約2,232円の節約になります。

合計で年間約7,612円の節約になり、洗濯機にかかる金額を年間約2,567円にまで減らせるのは大きいですね。

保険の見直しで保険料を節約!

定期的な保険の見直しは保険料の節約になります。我が家の場合、保険を見直したら月々の保険料が約6,000円も安くなりました。保険の内容によっては同じ保障でも保険料をもっと安くできる場合があるので定期的な保険の見直しはしたいですね。

ちなみに、我が家ではこちらの「Lifull保険相談」で保険の見直しをしました。自宅の近くや駅近で無料相談でき、保険のプロが複数社の保険をわかりやすく説明してくれるのでおすすめです。「Lifull保険相談」はこちら

サブコンテンツ
スポンサーリンク

このページの先頭へ