掃除機の電気代を節約する方法

掃除機の電気代を節約する

掃除機の電気代を節約する為の考え方は至ってシンプルで、「使用する時間を減らす」に尽きると思います。

というのも、掃除機に関しては「使用する時間を減らす」という事以外に効果的な節約術が思いつかない事と、掃除機に関して神経質に節約を意識しても、あまり節約の効果を得られないからです。

スポンサーリンク

ということで、掃除機の電気代を節約する為に、我が家で実践している掃除機の使用時間を減らす方法ですが、その前に最新の掃除機との比較、強中弱運転、掃除機をかける頻度など節約になりそうな事の紹介です。

我が家の掃除機と最新の掃除機を比較

まずはじめに、我が家の掃除機についてです。

我が家の掃除機は、私が一人暮らしをしている時から使用しているもので、かれこれ10年は使っている古い掃除機です。自分で買った掃除機なのか、貰い物なのかすら覚えていないくらい古いです。(型番から調べてみると、2002年製らしいです。)

紙パック式の掃除機で消費電力は「強」で1,000Wです。

続いて、同じメーカーで最新の掃除機(紙パック式)は、新しいだけのことはあって、色々な機能や性能がアップしています。

吸引力が強くなっていたり、紙パックの取付けが楽だったり、溜まったゴミのニオイを抑えたり、そして使っていない時は自動で消費電力を抑えてくれるようです。

ただし、消費電力は「強」で1,000Wと、我が家の古い掃除機と変わりません。

吸引力が強く、紙パックの取付けが楽で、溜まったゴミのニオイを抑えてくれる掃除機は、魅力的ですが、消費電力に差がない以上、「掃除機の電気代を節約する」という視点から見ると、古い掃除機も最新の掃除機も変わらないという結論に至ります。

唯一、最新の掃除機に付いている機能で、使っていない時は自動で消費電力を抑えてくれる機能は電気代の節約になりそうな気がしますが、使っていない時は電源を「OFF」にしたほうが良いことは言うまでもありませんね。

電気代を節約という目的の為に最新の掃除機に買い換える必要性はなさそうです。

掃除機にかかる電気代と強中弱

我が家の掃除機にかかる電気代を調べてみました。電気代は1kWhの電気代を約22円として計算、消費電力はおよそなので目安としてご覧ください。

消費電力 5分 10分 15分 20分 30分 1時間
掃除機(強) 1,000W 1.8円 3.7円 5.5円 7.2円 11円 22円
掃除機(中) 600W 1.1円 2.2円 3.3円 4.4円 6.6円 13.2円
掃除機(弱) 200W 0.4円 0.7円 1.1円 1.5円 2.2円 4.4円

当然ですが使用する時間が長いほど電気代も高くなってしまいます。

我が家で掃除機を使用する時間は、1部屋で約5分程度です。3LDKなので、3部屋とリビングの合わせて4部屋に掃除機を「強」で使います。

1.8円×4部屋で、1回の掃除に約7.2円の電気代がかかります。

「強」ではなく、「中」や「弱」で使用したほうが当然電気代は安くなりますし、フローリングなどゴミやホコリを吸い取りやすい床は「中」や「弱」でも良いと言われています。それでも、我が家では全て「強」で使用しています。

理由は、冒頭でも言いましたが、掃除機に関して神経質に節約を意識しても、あまり節約の効果を得られないからです。

我が家で掃除機をかける頻度は、大体3日に1回程度なので1ヶ月で10回くらいです。

「強」運転を5分間で1.8円、4部屋あるので1回の掃除に約7.2円の電気代が必要になり、1ヶ月だと約72円ということになります。

「弱」運転だと、1ヶ月で16円の電気代で済みますが、その差はたったの56円です。

節約を意識している以上、56円というお金の価値は大切だと思いますが、目に見えない花粉やダニの死がい、ハウスダストだからこそ、「強」運転で吸い取ったという満足感や安心感という価値のほうが勝るからです。

56円という差額は、「弱」運転で掃除したから、目に見えない花粉やダニの死がい、ハウスダストが残ってるんじゃないかと不安にならない為の保険料だと思っています。

掃除機をかける頻度

我が家で掃除機をかける頻度は、大体3日に1回程度ですが、節約の意識を高めるなら、5日に1回、1週間に1回という具合に掃除機をかける頻度を低くしたほうが良いのですが、強中弱と同様にあまり効果は得られません。

各ご家庭ではどれくらいの頻度で掃除機をかけているのかを投票で、ランキングにしているものを発見しました。

「掃除機をかける頻度は?」  NTTドコモ「みんなの投票&ランキング」調べ
1位 1週間に1回 3052票/41%
2位 ほぼ毎日 1841票/25%
3位 ほとんどかけない 1176票/16%
4位 半月に1回 700票/9%
5位 1ヶ月に1回 633票/9%

なんと、「1週間に1回」が41%で1位となっています。2位に「ほぼ毎日」ですが、3位、4位、5位と見ても、それほど掃除機をかける頻度は高くないという印象です。

このランキング1位の「1週間に1回」を我が家で実践したとすると、月に4、5回ペースとなり、仮に4回だとしても、1回の掃除に約7.2円なので、1ヶ月に約29円です。

3日に1回ペースと比較しても、約43円程度の差でしかありませんので、掃除機をかける頻度を無理に下げても、それほど大きな節約にはならないことがわかります。

掃除機は使用する時間を減らすことに意味がある

最新の掃除機に買い換えても、「弱」運転で使用しても、掃除機をかける頻度を下げても、それほど節約の効果は得られません。

ただ、これは掃除機の使用時間を1部屋につき5分以内にした場合の話で、1部屋5分で掃除機をかけられるのなら、古い掃除機を「強」運転で、たとえ掃除機を毎日使用しても、月に最大で約216円の電気代で済みます。(我が家の3LDKで4部屋の場合)

仮に今の条件で、1部屋につき10分かかるなら月に約432円、15分なら約648円、20分なら約864円の電気代が必要になります。

最新の掃除機に買い換えるよりも、「弱」運転で使用するよりも、掃除機をかける頻度を下げるよりも、掃除機の使用時間を減らす事が最も効果的で効率が良い節約です。

我が家で実践している掃除機の使用時間を減らす方法は、まずは散らかっている物を片付け、整理整頓することから始めます。

我が家には2歳の娘がいるため、子供のオモチャやぬいぐるみなどが部屋中を散乱しています。そういった掃除機をかけるのに邪魔になりそうな物を片付けます。そして、比較的簡単に動かせる家具や家電、小さなテーブルや収納ケース、扇風機やファンヒーターなども隣の部屋に移動します。

こういった作業が面倒に感じてしまうかもしれませんが、整理整頓をしてから掃除機をかけないと1部屋5分で掃除機をかけ終わるのは難しいです。掃除機をかけながら片付けたり、家具を移動するようでは効率が悪いですね。

それから掃除機をかけ始めますが、1度電源をONにしたら、その部屋の掃除が終わるまでノンストップで掃除機をかけます。電源をONにした瞬間が最も電力を消費しやすく、ON/OFFを繰り返すと電気代が高くなってしまうからです。

また、大きな家具や家電、タンスやダイニングテーブル、冷蔵庫、テレビなどは移動せずに、そのまま掃除機をかけますが、掃除機の電源をONにしている最中は、時間短縮を目的にダイニングテーブルの下、テレビ台の裏など、掃除機をかけづらい場所に神経質にはなりません。

掃除機をかけやすい場所を優先して、掃除機をかけづらい場所は後でモップや雑巾などを使ってゆっくり掃除します。あくまで、掃除機をかける時間が1部屋5分であって、掃除にかける時間は何分かかっても良いということですね。

基本的な事ですが、掃除機の電気代を節約する為には、「使用する時間を減らす」というのが最も効果的です。現在1部屋につき5分程度なので、5分→4分→3分と減らしていけるようにもっと工夫していきたいです。

サブコンテンツ
スポンサーリンク

このページの先頭へ