都市ガスとLPガス(プロパンガス)の違い

都市ガスとLPガス(プロパンガス)の違い

一般家庭で使われているガスは、都市ガスかLPガス(プロパンガス)のどちらかになります。都市ガス会社の貯蔵タンクに近いほど都市ガスの利用が多く、都市ガス会社の貯蔵タンクから遠いとLPガスの利用が多くなります。

これは、都市ガス会社の貯蔵タンクから道路の下に埋設されたガス管を通って、各ご家庭にガスが供給されているからです。

スポンサーリンク

我が家は田舎のほうなので当然LPガスになりますが、都市ガスとLPガス(プロパンガス)の違いについて書きたいと思います。

都市ガスとLPガス(プロパンガス)の違い

はじめに都市ガスとLPガス(プロパンガス)の違いについてですが、その前に、LPガスとプロパンガスの違いについてです。

LPガスの「LP」は、「Liquefied Petroleum」の頭文字をとってLPといいますが、直訳すると「液化された石油」。つまり、液化された石油ガスをLPガスと呼びます。

LPガスの主成分はブタンとプロパンで、100円ライターや殺虫剤スプレーにブタンが使用され、ガスコンロや給湯器など家庭で使用されるガス器具にプロパンが使われています。

それでは、都市ガスとLPガス(プロパンガス)の違いですが、まず、大きな違いとして各ご家庭への供給方法に違いがあります。

なぜ、都市ガスはパイプ(ガス管)を通って供給され、プロパンガスはガスボンベで運ばれて供給されているのかは、都市ガスを供給する為のガス管を埋設できない理由がある場合にはLPガス(プロパンガス)の供給となるからです。

都市ガスを供給する為のガス管を埋設できない理由とは、都市ガス会社の貯蔵タンクから遠い地域へ都市ガスを供給すると、ガス管を埋設するコストが高くなってしまう。またはガス管の埋設が困難な地形(山間部など)、都市ガスの供給に適さない建物などです。

そういった理由で都市ガスを使用するご家庭、LPガス(プロパンガス)を使用するご家庭に分けられています。

また、LPガスとしてガスボンベで供給する為には液化させて体積(容積)を小さくする必要があります。

都市ガスの主成分はメタンガスで、-162℃以下まで温度を下げなければ液化しないのに対し、プロパンガスは圧力を加えると常温でも比較的簡単に液化し、気体の時に比べると、250分の1の体積(容積)になるため、LPガスとして扱いやすい特徴があります。

また、都市ガスとLPガス(プロパンガス)には重量の違いもあり、都市ガスは空気より軽く、LPガス(プロパンガス)の気体は空気より重いです。そのため、ガス漏れがあった場合は、都市ガスは天井付近に溜まり、LPガス(プロパンガス)は床付近に溜まります。

そして、発熱量に違いがあるというのも大きなポイントです。

都市ガスとLPガス(プロパンガス)では、同じ量のガスを燃やすとLPガス(プロパンガス)のほうが発熱量が多いです。

気体のプロパンガスを燃やした時の熱量は1m³あたり99.08MJ(23,680kcal)なのに対し、都市ガス(13A)は1m³あたり46.05MJ(11,000kcal)なので、気体のプロパンガスは都市ガスよりも約2倍以上の発熱量があります。

このことから、一般的には都市ガスよりもLPガスのほうが火力が強いと言われていますが、我が家では都市ガスを使用したことがないので、そのあたりはわかりません。

また、都市ガスとLPガス(プロパンガス)の料金表を見る限りでは、都市ガスのほうが安いですが、都市ガスとLPガス(プロパンガス)では発熱量の違いで使用量に差があったり、LPガスはガソリンや灯油などと同様に価格が変動するため、どちらがお得なのか比較するのは難しいです。

やはり、都市ガスでもLPガス(プロパンガス)でも、上手にガス代を節約しながら使用するしかないようです。

1番安いガス料金を比較してお得に乗り換えよう!簡単3分!無料一括見積もりはこちら
サブコンテンツ
スポンサーリンク

このページの先頭へ